水のトラブルによるパイプ交換の基礎知識

水道の蛇口の先に袋ナットで取り付けられている部分を水栓パイプといいますが、水のトラブル解決にあたり、水栓パイプを新しいものに取り換えることがあります。水栓パイプを取り換えることで、水漏れが生じていた場合は漏れが止まり、さらに、デザイン面や機能面で気に入ったものを選べるようになります。

■水栓パイプを交換するための工具について

水栓パイプを交換するためには、袋ナットを緩めるための工具が必要になります。大きめのサイズのモンキーレンチがあれば十分ですが、蛇口の形状によっては、レンチ先端の厚みで上手く緩められない場合があります。もし、ナットの取り外しの工具がないようでしたら、ホームセンターで六角レンチや水道工事用の専用レンチを購入するのがおすすめです。
また、自動車修理やDIYに詳しそうな知人がいる場合は、その人に相談して工具を借りて作業することも可能です。

■水栓パイプのタイプを変更

今、お使いの蛇口の水栓パイプの長さや高さを変えたいときは、今と違う形状の水栓パイプに変更できます。水栓パイプを取り換えるだけでも室内の雰囲気が変わりますので、機能性とデザインにこだわって選ぶのも楽しいでしょう。
インターネットの通販サイトを調べると分かりますが、水栓パイプ自体は、数千円程度で購入できます。デザインと形で気に入ったものを通販で買い、自分で取り換えの作業をしてもいいですし、パイプの取り付けだけを水のトラブルの業者に任せることも可能です。

■まとめ
水栓パイプの蛇口 交換は、慣れている専門家が作業すれば10分もかからないほど簡単なものです。工具がなくて専門家に取り換えを依頼したとしても、それほど高額になることはありません。自分にとって使い勝手の良いパイプを選ぶことができれば、これからの日々の暮らしがより快適に過ごせるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ