給湯器の水のトラブル対処法

給湯器に関する水のトラブルには、水漏れ、お湯がでない、異常な音がする、などの症状があります。また、水のトラブルが生じる原因についても、劣化や機器の故障などの多くの要因があり、一般の私たちが特定するのは困難なことが多くなります。
ここでは、給湯器 修理をするにあたり、症状ごとの対処の仕方についてまとめていますので、水周りのプロに相談する前に確認しておくことをおすすめします。

■給湯器から水が漏れている

給湯器から水が漏れているときは、本体の劣化や摩耗が原因であることが多くなります。もし、給湯器の水漏れが発生した場合は、漏れている個所を特定して、すぐにプロに点検してもらうことをおすすめします。
水漏れの箇所にもよりますが、不完全燃焼を起こしたり、電気系統に水が入り込みショートしてしまうこともあります。漏れている水の量が多いときは、すぐに止水栓か水道の元栓を閉め、直ちに使用中止にする必要があります。

■水漏れ以外のトラブル

水漏れ以外のトラブルでは、お湯がでないというケースがあります。同じお湯がでない場合でも、水は出るのかどうか、特定の水道だけでないのか、エラーコードがでているか、といった点を確認するようにしてください。
また、給湯器からブオーン、ドンドン、シューといった異音がする場合があります。異音の発生については、故障ではなくファンの回転する音だったり、ポンプが回転する音であることもあります。実際には、経験豊富なプロに確認してもらうのが一番ですが、問い合わせの際にどのタイミングでどんな音がするのかを伝えるようにするのがポイントです。

■まとめ
給湯器に関する水のトラブルは、緊急を要するものとそうでないものがありますが、電気やガスも使用している機器なので、安全のためにも、プロに相談して確認してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ